落ち着いたリビング

EDの原因

そもそも、EDにはどんなタイプのものがあるのでしょう。

1.過度の緊張やストレスなどによるもの。
心因性EDは、EDのパターンの中で最も多い用です。立派に朝勃ちし、自慰では勃起するものの、いざ相手を前にすると 駄目になるのが典型的な特徴です。モノ自体がダメなのではなく、精神的な理由によるEDです。例えば、仕事や家庭内 のストレスなどが深く影響します。

2.高血圧や糖尿病などによるもの。
血管や神経の障害、陰茎の外傷などで身体的に勃起自体が駄目になるケースで、器質性EDといいます。
心因性EDとは違い、EDの程度にもよりますが、朝勃ちは認められず、自慰を試みても勃起が困難なケースが多いようです。 器質性EDの原因として、心臓や血管の病気、高血圧症、糖尿病、男性ホルモン低下、老化、前立腺手術後、下半身麻痺 などの他、うつ病や抗うつ薬の副作用などが考えられます。原因の多くに生活習慣病が関わっているようです。生活習慣病は不規則でアンバランスな食事、運動不足、喫煙、暴飲、休養不足などによって起こります。 高血圧症は血管に掛かるストレスが増すので、損傷を受けた血管が硬くなり狭まります。これによって、陰茎の血流を抑えてしまうと考えられています。

3.心因性と器質性とが絡み合うもの。
混合型EDです。複数の要因が引き金となって発症する例があるようです。実際、心因性と器質性とを明確に区別する事 は難しいそうで、心因性と器質性の双方の原因が混在するものは少なくないようです。

多くのEDは治療が可能!!
1998年に欧米、19999年には日本でも初めてのED治療薬バイアグラが発売されるようになり、ED(勃起障害・勃起不全) に対する関心が高まってきました。EDで悩む人の多くは、性欲があるのに勃起しない事に苛立ち、自信をなくします。 それを助けてくれるのがED治療薬です。EDは決して治療不可能な病気ではなく、大抵の場合は薬で改善できるのです。

EDの治療法は、症状や原因に応じて色々あります。医師と話し合って、最適な治療法を選んで貰うと良いでしょう。 場合によっては、日常生活のちょっとした注意で、改善することがあるそうです。例えば、アルコール類の飲み過ぎや 喫煙を止めることで改善することもあるようです。

でも、そうした改善がみられなくても心配することはありません。多くのEDは治療が可能だということです。
治療には内服薬を処方するのが一般的なようです。治療によってEDが改善されると同時にパートナーとの関係も良くなりより充実した生活を送れるようになります。

>> 100%返金保証付き 日本製の高品質精力剤